成長期の食事の注意点として夜食が上げられます

MENU

夜食が成長を阻害する?

最近では夜更かしの子供が増え、夜食の習慣がついている子供も多いと聞きます。
親の生活習慣に、子供も準じている傾向にあるようです。
親の仕事の都合で夜遅くにしか食事が摂れないとか、受験を控え勉強に励む我が子のために母親が愛情込めてつくる夜食などもあるので、心情的に一概に夜食が悪いとは言えないかもしれませんが、子供の成長を考えると夜食はあまり良くないようです。

 

寝る前に食べてはいけない理由

昔から、夜寝る前に食べてはいけないといいます。これは肥満になるとか、胃に悪いとか様々な意味で言われることですが、特に成長期の小学生、中学生にとっての夜食は、成長を阻害する可能性があると言うことは意外に知られていないようです。

 

その理由は、子供の身長を伸ばすために欠かせない「成長ホルモン」は、寝る前に夜食を食べてしまうことで、睡眠中の分泌が悪くなってしまいます。
成長ホルモンが十分に分泌されるには血糖値がある程度下がっている必要があるのですが、寝る前に炭水化物や甘い物をとってしまうと血糖値が上昇して、せっかく睡眠中にたくさん分泌されるはずの成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

成長ホルモンを十分に分泌させるには、寝る2時間前には食べるのを止めましょう。ジュースなどの甘い飲み物も控えることです。

 

夜食を摂るならタンパク質中心で

今まで習慣化していた夜食をスパッと止めてしまうと「お腹が空いて眠れない」ということもあるでしょうから、そんなときは、卵やチーズ、豆、牛乳など、糖分よりもタンパク質など血糖値が上がりにくい食品を摂るようにしましょう。
そして徐々に夜食を摂らなくても眠れるように、生活のリズムを整えていくことが大切です。子供の成長には、夜食よりも十分な睡眠の方がとても大切なのです。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。