タンパク質の摂り方

MENU

タンパク質摂取のための工夫

身長を伸ばすために、一番重要な栄養素は第一にタンパク質であるということはお話しました。
そして、そのタンパク質の摂り方にもポイントがあります。

 

ただタンパク質がいいからと、肉や魚をどんどん食べさせるようなことをすると、第一に「肥満」への危険性が高まります。
そして、肥満を予防しながら身長を伸ばすためには、子供も成人も同じですが「高タンパク、低カロリー」を意識しなければなりません。
肉や魚などのタンパク質の多い食材には、脂肪分も多く含まれていることが多くカロリーも高めになることが多いです。

 

そこで、高タンパク低カロリー食品ということですが、これは食材を工夫すれば可能です。
そして、身長を伸ばすためだけでなく、太りやすい子供や、油っこいものを食べるとすぐ満腹になってしまう小食の子供の食生活の改善にも役立ちます。

 

食材を選ぶポイント

まず肉類についてですが、肉の種類、部位によって含まれる脂肪量やタンパク質の量が違います。

 

牛肉や豚肉の場合は、モモ肉かヒレ肉が脂肪分が少ないので良いでしょう。
鶏肉はささみが一番ヘルシーで、モモ肉や胸肉は皮を取り除くことで脂肪が半減します。
煮豚やゆで豚は脂が落とせる上に、長期の冷凍保存もできるためにとても便利なメニューです。

 

美味しい高級な霜降り牛肉などは、脂肪分がとても多く、逆にタンパク質の量は少ないのが残念ですね。

 

では、魚はというと、肉に比べてヘルシーなイメージがありますよね。確かに魚は低カロリーのものが多い食材ですが、これも種類によって異なってきます。

 

鱈(タラ)や鮪(マグロ)の赤身は、非常に高タンパクで低カロリーです。
青魚の鰤(ブリ)や鯖(サバ)は、逆に高カロリーでタンパク質の少ない魚です。
これがわかるだけでも食材選びが変わってくると思いますが、これもカロリーだけで考えるなら、加工方法で脂肪分を落とすことが可能ですので、神経質になり過ぎないようにしてください。

 

タンパク質の王様は「豆類」

豆類は「畑の肉」とも言われ、高タンパク低カロリー食材の代表格ですから、身長を伸ばすためには最適のタンパク源となります。
最近の食生活は動物性脂肪の取り過ぎになりがちなので、納豆や豆腐などの大豆製品からも積極的にタンパク質を摂るようにしましょう。
一般的に子供は、豆類は苦手な場合が多いようですが、メニューを工夫すればいくらでも子供好みのものを作ることができますので、お母さんは頑張りましょう。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。