身長とタンパク質の関係

MENU

身長を伸ばすにはまず「タンパク質」

身長とタンパク質の関係については、あまり論じられることがないかもしれませんね。
一般的に、身長を伸ばす為に必要な栄養素は、「カルシウム」が代表的なもので、昔は成長のためにカルシウムを多く含む食品を摂取することが身長を伸ばすためには大切のように教えられてきました。
未だに、牛乳などの乳製品は、カルシウムが豊富な代表的食品ですので、これらの食品の摂取が成長に欠かせないように考える方も多いと思います。

 

しかし身長を伸ばすために、もっとも重要な栄養素は「タンパク質」なのです。
身長が伸びるということは、骨が伸びることを意味しています。

 

タンパク質とカルシウムの役割

タンパク質が重要な理由は、タンパク質が骨や筋肉の材料となって骨を大きくし、身長の伸びに特に重要な成長ホルモンの分泌を促す働きも持っているからです。

 

それに対してカルシウムは、骨を丈夫にするという役割を持っています。
タンパク質もカルシウムもどちらも成長には欠かせない栄養素ですが、こと身長を伸ばすために一番大切な栄養素は?と考えたときには、まず「タンパク質を摂取すること」であると言えるのです。

 

どれくらいタンパク質を摂ればいい?

そんな理由で、子供の成長期にはたくさんのタンパク質を必要とします。
1日に必要なタンパク質量を見てみると、大人が60〜80グラムなのに対して、小学生では55〜75グラム、思春期では75〜90グラムが必要とされています。

 

子供は身体が小さい割に、成長のためのタンパク質をたくさん摂取しなければならなりません。
タンパク質が不足して、身長が伸び悩む子供に、十分なタンパク質を摂取させるように心がけると、身長の伸びは良くなるでしょう。

 

しかし注意すべきは、「タンパク質が身長を伸ばす!」と何でもかんでもタンパク質ばかり摂っていたのでは、栄養が偏ってしまい、肥満や体外へのカルシウム排出量が増えるなど、弊害が出る危険性もありますから、何事も適量とバランスが大切です。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。