タバコが子供の身長に与える影響

MENU

未成年の喫煙

近年、タバコによる健康問題がマスコミなどあちらことらで取り上げられ、そんな時代背景もあり日本国内においてもレストランや公的施設などでの禁煙など、広く禁煙に対する意識が浸透しつつあります。

 

しかし、それに逆行するように未成年の喫煙が問題になっています。
昔からタバコは「百害あって一利無し」と言われるほど、健康に対する害については広く知られています。またタバコが値上がりしたり、タスポの導入など、未成年の喫煙防止のために色々な施策がうたれていますが、これは未成年の喫煙問題だけではなく、人の身体や環境を考えてもタバコのない社会を作ることが求められているということでしょうか?

タバコで身長が伸びなくなる!

ところで「タバコを吸うと身長が伸びなくなる」という話を聞いたことはないでしょうか?
本来であればタバコは、成人してからでないと吸えないはずですので、成長期の終わった成人には身長とタバコの因果関係については興味のないことかもしれません。

 

しかし現実的には、成人になる前からの喫煙者が多いために、「身長を伸ばすための大切な時期に、身体に有害なタバコの煙を吸ってしまっては身長が伸びなくなる」という戒めの意味もあるのでしょうが、医学的にも子供が成人する前の成長期にタバコを吸うということは、成長を阻害することは明らかなのです。

 

そのメカニズムは、タバコを吸うことで発生する一酸化炭素は、体内において酸素不足を生じさせてしまいます。特に影響を受けるのは「脳」で、酸素不足により脳下垂体に悪影響を与え成長ホルモンが分泌されるのを妨げる要因になるのです。

 

この「成長ホルモン」が正常に分泌されなければ、成長が止まってしまいますので、より身長を伸ばすことはできなくなります。

 

受動喫煙の恐ろしさ

しかも、これは喫煙者本人だけの問題ではありません。
「受動喫煙」といって、タバコの先から出る煙を、周りにいる子供が吸っても、同じことが言えるのです。ですから家庭において親がタバコを吸うときも、周りの人に十分注意する必要があります。

 

また妊娠中の喫煙や受動喫煙は、胎児の成長にも悪影響を与えることはわかっています。
これは低体重児になりやすい傾向があり、恐ろしいことに、妊婦のお腹にいる時から、既にニコチン中毒になっているとも言われます。

 

これは稀なケースではありますが、新生児室においてニコチン切れの禁断症状を起こし、哺乳力の低下を及ぼすこともあるそうです。親がタバコを吸っている家庭に生まれた子供は、生まれる前から身長が伸びにくい要素を持っているということになるのです。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。