睡眠不足の日本の子供

MENU

日本の子供は世界一睡眠不足

最近は、子供の睡眠不足が大きな問題となってきています。
その多くは、親の生活に影響を受けた結果らしいのですが、日本の子供は世界一睡眠不足であるとも言われています。
またこの睡眠不足も、ゆとり教育と相まって日本の子供の学力低下に結びついているのではないかと考える方もいます。

 

日本の子供の睡眠時間

日本の小学校高学年の睡眠時間の調査では、およそ30%が8時間未満で、10時間以上寝ている子供はわずかに4%程度だったそうです。

 

これに比べると世界の子供は、半数以上が9時間以上の睡眠時間をとっていて、特にヨーロッパの方では半数以上の子供が10時間以上寝ているそうです。

 

テレビやゲームをやめられず、これによって勉強時間も遅くなる、または塾通いで帰宅が遅くなり、これに伴って寝る時間が短くなってしまうのは、夜型の遊びを容認してしまっていることや、ゆとり教育によって塾通いが必要になってしまうような日本の生活文化や教育が原因かもしれません。

 

これでは、子供が成長するのに大切な睡眠が削られてしまい、健全な子供への成長を妨げる結果になるでしょう。各家庭で子供の睡眠を確保するために、生活習慣の見直しをしていく必要がありそうですね。

子供の生活環境を親が考える

子供の身長のことで悩む親も多いと聞きます。
「せめて両親よりは大きく育ってほしい」と願うのが親心ではないでしょうか?

 

牛乳を飲めば身長を伸ばすことができるという俗説を信じて、毎日牛乳を子供に飲ませている母親も多いと聞きますが、身長を伸ばすためには、このようなカルシウムに偏った栄養摂取を見直して、バランスのよい食事に心がけ、加えて適度な運動と十分な睡眠をとらせることが大切であることを理解して欲しいと思います。

 

昔から寝る子は育つと言われますが、(確かにこの俗説は正しいです)子供の身長を伸ばすには、一にも二にも睡眠が大切なポイントとなります。
質の良い睡眠を十分にとることで、成長ホルモンがどんどん分泌されて、子供はすくすくと育ちます。

 

なかなか夜寝付いてくれない子供に対しては、日中の運動量を見直してみてください。
最近の子供たちは、学校から帰宅しても塾や、テレビゲームで身体を動かす機会が激減しています。

 

また子供が寝る前に怒られると興奮して寝付けず、光の刺激も睡眠の妨げになります。
どうぞ、親御さんは子供が寝る前にはやさしく「おやすみ」と接してあげてください。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。