睡眠が身長伸ばす

MENU

睡眠の工夫で身長を伸ばす

子供の成長は、「寝る子は育つ」といわれるように睡眠が大きく関係してきます。

 

なぜかといえば、人間は睡眠時で熟睡している間に成長ホルモンの分泌がもっとも多くなるからです。身長を伸ばすのも、この成長ホルモンが分泌されるおかげなのです。

 

また血液は睡眠中に一番循環しますので、成長ホルモンの働きと相まって、夜中に新陳代謝が活発になり骨がどんどん形成されていきます。
身長を伸ばす=骨を伸ばす、ということですので、特に成長期はしっかり睡眠をとって骨の形成を促すことが大切です。

 

しかし、ただ長い時間睡眠をとっても、眠りが浅いのでは意味がありませんから、朝すっきりと目覚められるような、ストレスがなく深く、質の良い睡眠が必要です。

 

睡眠の工夫について

質の良い睡眠をとるためにはいろいろ工夫することがあります。
以下にあげてみますので、夜中によく目が覚めてしまう人、子供の寝つきが悪くて悩んでいる人などは、一度試してみるといいかもしれません。

 

■朝起きたら朝日を浴びる
 これは直接安眠に関わることではないかもしれませんが、体内時計をリセットして睡眠のリズムを整えるために、朝日を身体に浴びることは有効なのは周知の通りです。
雨戸などは開けておいて、朝はお部屋に自然に太陽の光が当たるようにしておくこともポイントです。

 

■寝る前にはテレビゲームをしない
 テレビゲーム、もしくは激しい運動などは、精神的に興奮させる作用があるため、神経が高ぶってなかなか寝付けなくなります。
また例え昼間にゲームをしたとしても、あまりにもストレスを感じるようなゲームは成長には好ましくありませんので控えさせるべきでしょう。

 

■間接照明を使ってみる
 寝る1時間くらい前になったら、部屋の明かりを暗くして電気スタンドだけにします。
やわらかい光の中で過ごすことは、心地よい睡眠へ導いてくれます。就寝前1時間にゆったりとした音楽や香りを楽しむのも良いでしょう。

 

■ホットミルクを飲む

 牛乳には、セロトニンという、睡眠に導いてくれる作用のある物質が含まれます。

寝る前に、はちみつ入りの牛乳を飲んでみてください。
ただし、寝る直前に飲んだり食べたりすることはあまり好ましくないので、寝る30分位前に飲むのが良いでしょう。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。