思春期の伸長について

MENU

思春期の身長の伸びについて

思春期の身体の変化といえば、まず「にきび」を思い浮かべます。
それと同時に、身長が特に伸びる時期であることは知られています。

 

精神的にも成長段階である子供たちにとっては、にきびはもちろんですが、特に身長の伸びについては、精神的に不安定な思春期にも重なることもあり、多くの中学生や高校生が悩んでいるのではないでしょうか?

 

周りの友人はどんどんと背が伸びているのに、自分だけ伸びないとか、特に身長と体型の変化が激しい時期ですから悩みも多いようです。

 

思春期の背の伸びに個人差はない!?

子供にとって、身長の悩みも多い思春期ではありますが、実は思春期における伸びについての個人差はあまりないそうです。

 

えっ?と思われると思いますが、例外を除いては、ほとんどが思春期の時期には、誰でも同じように背が高くなりますが、ほとんどの方は、その後に身長の伸びが止まっていきます。
言い換えると、「身長が伸びるラストスパートが思春期である」と言えるのだそうです。

 

それでは、なぜ成人してから背の高さに個人差があるのかというと、「思春期の時期における身長の伸びに個人差がない」ということですので、思春期の前までに伸びた身長の差であるということになります。

 

思春期は子供から大人への移行の過渡期にあたる時期ですから、大人になるということは骨が固まり成長が止まることも意味しています。
そして思春期を迎える時期についても個人差があり、早く思春期を迎えてしまうと「子供である期間が短い」=「身長を伸ばすための期間が短くなってしまう」と言い換えることができます。

思春期を遅らせる?

身長を伸ばすためには、思春期を遅らせて、背が伸びる期間を少しでも長くすることが重要となります。これについては遺伝の影響もあり、実際には思春期を故意に遅らせることは難しいのですが、生活習慣により多少のコントロールはできるようです。

 

例を上げれば、カロリーの摂りすぎに注意することや、夫婦喧嘩をしないことも子供の思春期を正常に迎えるポイントになります。
冗談のように聞こえますが、家庭内で夫婦喧嘩が絶えないと、子供が無意識に早く大人になろうとして思春期が早く訪れる傾向があるとのことです。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。