身長を伸ばすための理想の睡眠時間は?

MENU

子供の睡眠はとても大切!

成長期における子供にとっても睡眠は、大変重要です。睡眠は身長を伸ばすための成長ホルモンの分泌を促進し、骨を休めるための役割もあります。

 

ならば子供の背を伸ばすためには、一日中寝ていれば成長ホルモンが分泌され続けるのかといえばそうではありません。

 

では子供にとって理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょう?

 

子供はとにかくよく寝ます。幼児の時期の睡眠時間は10時間以上が望ましく、さらに朝起こされなくても自分から起きられるのが理想です。

 

この時期には子供を早く寝かしつけ、朝早く起きる習慣を身に着けさせたいものです。
また幼児期の昼寝は2時間位までがよいでしょう。昼寝は子供によって個人差があり、就学前でも昼寝を必要としない子もいますから、無理に昼寝をさせる必要もありませんが、夕方以降に眠くなり寝てしまうと就寝時間が遅くなりますので、そこはうまく調整してあげるしかありません。

小学生では10時間位の睡眠が必要

思春期の前段階である小学校低学年では、10時間前後の睡眠が必要です。
この時期には熟睡時の成長ホルモンの分泌に比例して身長が伸びていきますから、しっかり寝て、成長ホルモンが十分に分泌されるよう、特に睡眠を大切にしたい時期です。

 

親と同じに寝る時間が遅くなることは、成長する上で好ましくありませんから、夜寝れない子供には日中に、ある程度の運動をさせるようにしたいものです。

 

もっとも身長が伸びる小学校高学年から中学生くらいの思春期では、9時間半位の睡眠が理想です。
しかし中学生にもなると、試験が始まりますし受験勉強などで睡眠不足になることもあると思います。
この時期に分泌され始める性ホルモンも身長を伸ばしてくれるため、多少の睡眠不足であっても身長が伸びるようになっています。思春期の終わり頃なら、睡眠時間は8時間程で十分でしょう。

 

もちろん大人にとっても睡眠は大切で、子供と同じくよく寝ると成長ホルモンが多く出るそうです。理想は7〜8時間くらい眠るのがよいのですが、これも個人差がありますので、自身がすっきりと目覚めることができる習慣を身に着けることが重要です。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。