身長を伸ばすのは大人でもできる?

MENU

大人になってから身長を伸ばすことは難しい

身長が伸びる=骨が伸びる、という観点から言えば、大人になってからの骨の成長はあまり期待できません。したがって大人では背を伸ばすことはできないといえるかもしれません。

 

身長がググッと伸びるのは、幼児期と第二次成長期だと言われていますから、通常の医療的な常識でいえば、成長期を過ぎてから背が伸びる(骨が伸びる)事はないということになります。
成長期にしっかりとした食事(栄養摂取)、運動、睡眠等の普段の生活を規則正しく過ごすことが出来れば、例外を除いては身長が伸びないことはありません。例外とは病気のことですが、これも症状にあわせた治療を施せば良いことです。

 

しかし大人になって、「骨端軟骨」がなくなってからは骨の成長は止まってしまいます。厳密には骨は常に新しく生まれ変わっていますが、骨が伸びることはないということです。したがって、この時点で身長を伸ばすことは期待できなくなります。
しかし個人差や何らかの原因で、骨端軟骨が残っていれば大人になってからも背は伸びるといえますが、これが過度の場合は、ホルモンの異常として病気の部類に入ります。

 

骨格矯正で大人でも背を伸ばすことはできる

大人が背を伸ばすことは、骨を伸ばすという考えではなく、歪んだ骨格、いわゆる関節や筋肉の状態を正常に戻すことで、従来よりも身長を伸ばすことは十分可能です。この場合「身長を伸ばす」という表現よりも、「身長を元に戻す」という方が妥当かもしれません。

 

普段の生活において、姿勢が悪くなる癖を持っている方は骨格が歪み、本来の身長よりも低くなっている方が実に多いのです。このような方が有効なストレッチや体操や整体での骨格矯正を行うことで、1〜3センチ位は身長が伸びることはよくあります。もちろんそのあとは、自分で維持する努力も必要となりますが、姿勢の良い人は健康的で大きく見えるものです。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。