亜鉛とマグネシウムも重要な栄養素

MENU

身長を伸ばすのに重要な栄養素

子供の成長期には、タンパク質やカルシウムが大切な事はおわかりいただけたと思います。
言うまでもないかもしれませんが、身長を伸ばす為には「タンパク質だ!」「カルシウムだ!」と、こればかり摂取していれば良いというわけではありません。

 

成長のためには重要な栄養素はそれだけではありません。

成長ホルモンの分泌を促す「亜鉛」

亜鉛やマグネシウムのミネラルは、微量ですが人間の身体にとっては、なくてはならないものです。

 

ご存知かと思いますが、亜鉛が不足すると味覚が衰え、これが食欲不振につながることもあります。
食欲不振は、特に成長期の子供にとって大きなダメージとなります。

 

また、亜鉛は体内の酵素の働きを助けて、身長を伸ばすのに重要な成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
海外の研究機関で、その国の背が高い人と低い人での体内の亜鉛の量を調べたところ、背の高い人の方が体内の亜鉛量が多いことがわかったそうですので、過剰摂取は禁物ですが、是非意識して摂取したいミネラルです。

 

カキや牛豚のモモ肉、鶏レバー、納豆などに豊富に含まれていますので、普段の食事に取り入れるようにしましょう。

骨の成長に影響を与える「マグネシウム」

近年、亜鉛と共に注目されているミネラルの一つに「マグネシウム」があります。
また現代人が不足しているミネラルとして「亜鉛」とともにあげられるのも、この「マグネシウム」です。

 

マグネシウムの重要な働きとして、カルシウムの吸収と代謝を調節する役割を持っています。

 

カルシウムの取り過ぎの弊害

実は、カルシウムばかりを大量に摂っていると、余分なカルシウムが体外に排出されますが、このときに一緒にマグネシウムも排出されるのです。
排出されることで不足してしまったマグネシウムは、不足分を補うために骨から血液中に溶け出すことになります。
このときにカルシウムも道連れにして骨から溶け出してしまいます。
おかしな話ですが、カルシウムだけを摂っていると、逆に骨のカルシウムが減ってしまうことになるんですね。

 

これらの理由で、カルシウムとマグネシウムはどちらもバランス良く取ることが大切です。
特に摂取するときに注意することは、カルシウムとマグネシウムのバランスで、カルシウム2に対して、マグネシウム1が理想です。
マグネシウムが豊富に含まれる大豆製品、枝豆、乾燥ひじき、かつお、ほうれん草などを摂取することで、カルシウムの排出を防ぐことができます。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。