成長ホルモンと身長の関係

MENU

成長ホルモンが分泌される時間

いうまでもありませんが、睡眠が美容にも健康にも大変重要な要素であることはご存知かと思います。
人間の細胞は、夜中の22時〜2時という真夜中に作り変えられますので、特に女性は夜更かしした翌日の肌はぼろぼろで化粧ののりも良くないことを経験していると思います。
またある程度年齢を重ねると、睡眠不足の場合、若いときみたいに体力がもたなくなってきていることも、年齢とともにひしひしと感じてきていると思います。

 

このように、人間にとって健康的な生活を送るためには、十分な睡眠は絶対に欠かすことのできない大切な要素なのであり、睡眠は身長を伸ばすために重要な役割を果たしているのは周知の事実です。
【寝る子は育つ】とはよく言ったもので、子供の身長を伸ばすためにも睡眠が大きく関わってくるわけですね。

 

成長ホルモンは睡眠時に多く分泌される

身長を伸ばすために大切な「成長ホルモン」は、日中活動しているときより、夜の睡眠時のほうが多く分泌されます。
特に睡眠初期の眠りの深い時に成長ホルモンは多く分泌され、血液中の成長ホルモンの濃度はピークに達します。
もし寝る時間が遅かったり、睡眠時間が短かったり、途中で睡眠が妨げられたりすると、成長ホルモンの分泌が悪くなり、身長の伸びも悪くなる可能性があります。

 

また、立っているときに比べ、横になっているときのほうが成長ホルモンの分泌も高くなるそうです。
人間は、横になるということは、縦方向の重力から開放されて骨を休めることにもなりますから、日中上半身の重さが下半身の骨にずっしりかかっていることになりますので、寝る時はそれらの負担から開放させてあげましょう。

 

そして最近は、親と同じく寝る時間の遅い子供が増えています。
子供の成長を考える立場の親であれば、早く就寝できる雰囲気に持っていくこともとても大切なのです。
以上のように、「身長は寝ている間に伸びている」といえるほど睡眠は重要です。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。