子供の肥満が身長の伸びに影響する

MENU

肥満は身長が伸びにくくなる?

欧米において、肥満の問題はとても深刻です。
近年の不況のあおりで、特にアメリカでは、親の共働きや低所得者層の拡大で、家庭における食事が、より安くそして簡単に食べれるファーストフーズなどが主食のようになっている家庭が増え、子供の栄養バランスの崩れや、高カロリー食の摂取により、子供の肥満が大問題になっているそうです。

 

これは日本国内においても、統計的なデータはなくても、同じような環境の家庭が増えていることは確かではないでしょうか?

 

そして驚愕の事実が、「肥満傾向があると身長が伸びにくい」ということです。

 

小学校低学年くらいまでの肥満児の場合は、肥満=栄養状態がよいために比較的背の高い子供が多いようです。

 

しかし徐々に身長の伸びが悪くなってしまうパターンが多いそうです。
これも成長ホルモンにかかわってくるのですが、肥満になると身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうからです。

 

そして、日本人は特に早熟で思春期を迎えるのが早いそうなのですが、子供の肥満は、思春期を早く迎えやすくなり、身長の伸びもその分早く止まりやすくなります。

 

その結果、最終的に身長が平均以下になってしまうこともよくあるのです。

 

ですから、子供が肥満傾向にある場合は、毎日の食生活の改善に努めなければなりません。
ましてや運動量も激減している現代の子供にとって、ダイエットをすることはとても過酷で可愛そうです。

 

せめて食事の時には、よく噛んで食べる習慣を身に付けさせてください。よく噛むことを続けると早く満腹感を得ることができます。

 

酷な言い方ですが、子供の肥満は、子供の体質的なこともありますが、ほとんどが普段の生活態度や環境が影響していきますから、親御さんはそこは真剣に考えることが大切です。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。