身長を伸ばす運動

MENU

身長を伸ばすためには運動も欠かせない

身長を伸ばすことと運動は、成長期の子供にとって食事同様欠かせない大切な要素です。
これは大人でも健康なからだを維持するために、毎日のウォーキングを日課にしている人は少なくないでしょう。
適度な運動を毎日続けて行なうことは、食事に気を使うことと同じように、健康的な生活を送る上で重要なポイントとなってきます。
最近では、メタボリックシンドロームが問題になっているように、大人になってから、改めて身体を動かすことの必要性と重要性を感じる場合が多いと思います。身長を伸ばすためにも、この適度な運動が、子供の成長にも欠かせない要素となっています。

 

子供の身長について悩んでいる親御さんにもわかって欲しいのですが、毎日勉強や塾もいいのですが、子供のフリータイムにゲームやパソコンばかりやっているようでは、健全な成長は望めません。ですから、身体を思いっきり動かす習慣を親子で工夫して欲しいと思います。
この身体を動かすこと、つまり運動をすることが、子供の身長を伸ばす(成長を促す)ために、大切なことなのです。

 

運動が成長ホルモンの分泌を促す

運動がなぜ、身長を伸ばすのに有効なのか?といえば、運動することによって成長ホルモンの分泌を促すことになるからです。
適度な運動でも、その疲労感から睡眠時は熟睡を誘います。したがって睡眠中の成長ホルモンの分泌も活発になるわけです。

 

成長ホルモンは骨も丈夫にする

この成長ホルモンが、子供の身長を伸ばす為に重要なものであるということはお話しましたが、身体を動かすことで、骨にも刺激を与え、また成長ホルモンで骨を丈夫にします。健康的に身長を伸ばすには、骨を丈夫に成長させることが大切なのです。

 

運動不足になると、子供でも食欲が減り、寝つきも悪くなることがあります。
その結果、朝スッキリと起きられずに、朝ご飯を食べなくなったり、身体や頭の働き自体も鈍くして、更に運動不足になるという、大人でもおきている悪循環を子供にも招くことにもなります。

 

運動と言っても、わざわざ特別なスポーツを行なう必要はありません。
外でのびのびとからだを動かす遊び、キャッチボールや鬼ごっこのような遊びでも十分ですし、かけっこでも良いのです。
生活リズムが乱れがちな休日こそ、子供の身長を伸ばす為に外で遊び運動をする習慣をつけてみるとよいと思います。

お子様の偏食、成長期の大切な栄養補給に

お子様にこんな症状はありませんか?
  • 「食事の食べる量が少ない」
  • 「お菓子ばかり食べている」
  • 「ときどき不機嫌でだるそうにしている」
  • 「キレやすい」
これらが当てはまる場合は、「栄養が足りていない」のかもしれません。

しかし、お子様に「たくさん食べなさい」といっても、難しいのも事実です。

そんな成長期のお子様に!アスミールをおすすめします。

たった1杯で一日の必要な栄養素の不足分を補えますから、子供の食事に気を使うこともなくなりますよ。